トヨタ「カローラ フィールダー」見積り交渉してみた

「カローラ フィールダー」の初回値引は金額ベースで20万円

【カローラ フィールダー】全方位型セーフティ解説動画

【カローラ フィールダー】全方位型セーフティ解説動画

2017年10月に2度目のマイナーチェンジを実施した、トヨタ「カローラ」の見積もりを行いました。

見積もりを行ったのはステーションワゴン「カローラ フィールダー」の HYBRID G “W×B”グレードです。

“W×B”グレードは特別仕様車としての位置づけでしたが、今回のマイナーチェンジでカタログモデルへと昇格しています。

「カローラ フィールダー」HYBRID G “W×B”グレードの主な装備は

  • 16インチアルミホイール
  • スモーク塗装フロントアッパーグリル
  • ブラック塗装されたメッシュパターン+メッキ加飾のフロントロアグリル
  • シルバー塗装ルーフモール
  • カラードサイドマッドガード
  • リアロアガーニッシュ
  • シャークフィンルーフアンテナ
  • Bi-Beam LEDヘッドランプ
  • LEDフォグランプ&ブラック塗装+メッキ加飾のフォグランプベゼル
  • スモーク塗装のリアコンビネーションランプ

となっています。

マイナーチェンジによる大きな改良は、透明なガラスでも感知し踏み間違いによる被害を軽減させる、インテリジェントクリアランスソナー(パーキングサポートブレーキ)が装備(一部のグレードはオプション)されることと、Toyota Safety Sense C が全車標準装備となり予防安全性能が高められていることです。

「カローラ フィールダー」HYBRID G “W×B” の車両価格2,536,920円に、オプション価格445,608円がプラスされ、2,982,528円となっています。

これに税金、保険、諸費用203,150円が上乗せされ、乗り出し価格は3,185,678円となりました。

値引きの額は記載されていませんが、口頭で伝えられた額は車両本体からの値引150,000円、オプション品フロアマット31,320円、バックガイドモニター19,440円をサービスと言うことでした。

金額ベースに換算すると200,000円程になるのですが、交渉した感じではまだまだ押せる感じで、頑張れば車両本体からだけでも、200,000円近くの値引は貰えそうな雰囲気でした。

もはや大衆車と言えない価格となってしまった「カローラ」ですが、フルモデルチェンジが実施されていないので、お得に買える余地は十分にある車です。

「カローラ フィールダー」の試乗記事はこちらです。

トヨタ「カローラ フィールダー」(2017/10MC)試乗してみた | tatumiの車試乗記
トヨタの大衆車として長年親しまれて来ている「カローラ」が、2017年10月に2度目となるマイナーチェンジを実施しました。フロントの意匠変更が行われ華やかでスポーティなデザインとなり、インテリジェントクリアランスソナーも備わり安全性能を進歩させています。11代目となる「カローラ」試乗してみました。
スポンサーリンク
買うnetレクタングル(大)
買うnetレクタングル(大)

シェアする

フォローする

買うネット関連コンテンツ