スポンサーリンク
探訪記レスポンシブル728×90

ダイハツ「タント カスタム」特別仕様車 X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”のお得度を考える

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント カスタム」に、特別仕様車「X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”」が追加されました。「タント カスタム」を含む「タント」シリーズは、スライドアがピラーレスで開くミラクルオープンドアが特長で、優れた乗降性を提供しています。エアロ仕様の「タント カスタム」は、ノーマル仕様と比べると、押出しの効くフロントが周囲を威圧する顔つきとなり、存在感を主張するデザインです。この「タントカスタム」に追加された、特別仕様車「X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”」を、ベース車両と比較してお得度を検証してみます。

記事を読む

ダイハツ「タント」特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”のお得度を考える

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」に特別仕様車「 X“リミテッド SA Ⅲ”」が追加されています。「 X“リミテッド SA Ⅲ”」は「X“SA Ⅲ”」をベースに特別装備が施された車両で、パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック、LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)、右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)の3つを揃えています。この特別仕様車「 X“リミテッド SA Ⅲ”」と、ベース車両「X“SA Ⅲ”」にオプション装備を追加し、特別仕様車「 X“リミテッド SA Ⅲ”」のお得度を検証してみます。

記事を読む

トヨタ「C-HR」の予防安全性能評価を考えてみる

トヨタ「C-HR」の2017年度予防安全性能評価が、自動車事故対策機構より公表されました。「C-HR」はこれまでトヨタにない、コンパクトSUV空白の地帯を埋める車として登場しました。スタイリッシュなボディは人気を集め、国内販売台数ではトップを記録しています。「C-HR」に搭載される衝突被害軽減システム「Toyota Safety Sense P」は、ミリ波レーダーと単眼カメラにより、車両や歩行者を検知するシステムです。「Toyota Safety Sense P」は予防安全性能評価試験において、どのような得点と評価されたのでしょうか。

記事を読む

ホンダ「ヴェゼル」の予防安全性能評価を考えてみる

ホンダ「ヴェゼル」の2017年度予防安全性能評価が、自動車事故対策機構より公表されました。「ヴェゼル」が搭載する衝突被害軽減システム「Honda SENSING」は、ミリ波レーダーと単眼カメラで障害物を検知し、ドライバーに危険回避行動を促すとともに緊急ブレーキを行うものです。2018年2月のマイナーチェンジでは、「Honda SENSING」を標準装備とするグレードを拡大しています。「ヴェゼル」の「Honda SENSING」は予防安全性能評価において、どのような得点となったのでしょうか。

記事を読む

ホンダ「ステップワゴン」予防安全性能評価を考えてみる

ホンダ「ステップワゴン」の2017年度予防安全性能評価が、自動車事故対策機構より公表されました。「ステップワゴン」は2017年7月にマイナーチェンジを行い、待望されていたハイブリッドモデルが追加されました。このハイブリッドモデルは、搭載される事故被害軽減システム「Honda SENSING」に機能が追加され、ドライバー支援の領域を広げています。2017年度予防安全性能評価試験でもこのハイブリッドモデルを使用しテストが行われました。「ステップワゴン」の「 Honda SENSING」は、どのような評価と得点を獲得したのでしょうか。

記事を読む

ホンダ「シビック」の予防安全性能評価を考えてみる

7年ぶりに国内販売が開始されたホンダ「シビック」の、2017年度予防安全性能評価が自動車事故対策機構より公表されました。2017年度の評価項目は車両に対しての被害軽減ブレーキ、歩行者に対しての被害軽減ブレーキ、車線逸脱抑制、後方視界情報の4つをポイント制の得点として評価しています。「シビック」に搭載される「Honda SENSING」は、ミリ波レーダーと単眼カメラで、クルマの前方の状況を認識し、衝突軽減ブレーキ(CMBS)、路外逸脱抑制機能などを備えています。「シビック」の「Honda SENSING」の予防安全性能評価は、どの程度の得点を獲得したのでしょうか。

記事を読む

スズキ「スペーシア」の予防安全性能評価を考えてみる

2017年の12月にフルモデルチェンジを行った「スペーシア」の、予防安全性能評価が自動車事故対策機構より公表されました。ゆるキャラを思わせる顔つきとなった「スペーシア」は、先代が搭載していたデュアルカメラブレーキサポートから、デュアルセンサーブレーキサポートへと衝突回避システムが変更となりました。新型「スペーシア」に搭載されるデュアルセンサーブレーキサポートの評価試験では、どのような点数を獲得したのでしょうか。

記事を読む

トヨタ「ヴォクシー」特別仕様車「煌」のお得度を検証してみる

トヨタのミドルサイズミニバン「ヴォクシー」に特別仕様車「煌」が追加されました。「煌」は歴代の「ヴォクシー」でも特別仕様車として発売されて来ましたが、現行モデルがマイナーチェンジされた後は始めての発売です。「ヴォクシー煌」はそのネーミングが示すように、光り物を多く取り入れた特別装備が施され、趣味性が強く個性を主張する車です。個性的な車であるために価格よりも好みで選ぶ車と思えますが、やはり価格は気になります。通常のグレードと比較して、どの程度の価格に設定されているのか、お得度を評価してみます。

記事を読む

トヨタ「ノア」特別仕様車「“W×B”」のお得度を検証してみた

トヨタの5ナンバーサイズミニバン「ノア」に特別仕様車「W×B」が追加されました。「ノア」は3列シートまで実用的に使えることで、ファミリーユースを中心に人気が高く、幅広い支持を集めるミニバンです。2017年7月にはマイナーチェンジを行い、大人しいスタイルからスポーティーなスタイルへと変わり、ターゲットとする購買層をこれまでより若年層にしています。「ノア」に追加された特別仕様車は、通常のグレードと比較してどの程度のお買い得なのでしょうか。比較してみました。

記事を読む

トヨタ「C-HR LED Edition」のお得度を検証してみる

トヨタのコンパクトSUV「C-HR」に特別仕様車「LED Edition」が追加されました。「LED Edition」は個性の強い「C-HR」の雰囲気が、一層引き立つLEDランプを、フロントとリアに標準装備しています。コンパクトSUVとして、国内販売台数トップに立った「C-HR」に追加された「LED Edition」は、どの程度のコストパフォーマンスを備えているのでしょうか。検証してみました。

記事を読む

スポンサーリンク
探訪記682×171
探訪記682×171