スズキ新型「ジムニー」2018年7月に登場

スズキの「ジムニー」「ジムニーシエラ」が、4代目となり2018年7月にデビューします。先代から20年振りのフルモデルチェンジです。「ジムニー」は軽自動車(シエラは小型車規格)でありながら、高い走破性をもち、日本の狭い林道にはそのコンパクトな車体がマッチし、林業などを営むプロの間でも引き合いが強いことでも有名です

記事を読む

ダイハツ新型「トコット」登場

ダイハツより新型の軽自動車「トコット」が6月25日より発売されました。「トコット」はミラシリーズ「ココア」の後継車種としての役割を担う車ですが、「ココア」とはコンセプトを大きく変え女性にアプローチしようとしています。これまでの飾り物で可愛さを出すのではなく、シンプルな素材の良さで勝負する車として登場しています。

記事を読む

スバル「インプレッサ」値引き交渉してみた

スバル「インプレッサ」の値引き交渉してみました。5代目の「インプレッサ」は2016年10月に登場し、2年目となることから値引額も期待できる時期と考え、セールス氏と交渉に臨んでみます。また、スバル60周年特別仕様車も登場させ、「インプレッサ」の販促には力が入っていることを考えると、良い購入条件がもらえそうです。

記事を読む

スバル「インプレッサ」にスバル60周年特別仕様車登場

5代目となり2016年10月に登場したスバルの「インプレッサ」に、スバル60周年特別仕様車1.6i-L Eye Sight S-styleが追加されました。この特別仕様車は、1.6i-L EyeSight をベース車両とし特別装備を施しています。この特別仕様車のお得度を検証してみます。

記事を読む

軽バンを変えるホンダ「N-VAN」2018年夏に登場

ホンダから新しい商用車として「N-VAN」が2018年夏に登場します。「N-VAV」は名前から想像されるように、「N-BOX」をベースに開発が行われ、新しい軽バンの使い方を提案しています。「N-VAV」の大きな特徴はダイハツの「タント」と同じように、助手席側がピラーレス仕様となり、大きな開口部を実現させています。これにより、テールゲートの開口部と合わせて、2カ所の大きな積み下ろし口で、使いやすさを実現させています。

記事を読む

スズキ「スティングレー」見積り交渉してみた(2018/6)

スズキのスペシャリティー軽自動車「スティングレー」の見積もりを行ってみました。「スティングレー」は「ワゴンR」のカスタム仕様にあたるモデルで、4代目となる現行車はこれまでのスタイルを大きく変え、2017年2月に発売が開始されています。4代目「スティングレー」のグレードは、最上位となるターボ仕様の HYBRID “ T ”、中間のHYBRID “ X ” 、ベーシックな  “ L ” 3タイプのシンプルな展開で、“ L ” にはマイルドハイブリッドシステムが搭載されません。今回見積もりを行ったのは、中間グレードのHYBRID “ X ” で、ボディカラーはホワイトパールとしました。

記事を読む

当然ですが自動ブレーキには限界があります

近年の発売される新車には、衝突被害軽減ブレーキが高い割合で装着されています。しかし、その性能は全面的に信頼し任せられるものではありません。2017年に国土交通省に寄せられた不具合の中で、24%にあたる82件が衝突被害軽減ブレーキが作動せず交通事故に発展しています。しかしこの場合でもシステムに異常は発見されておらず、正常に機能していたことから、作動領域外での事案として捉えられています。急速に普及する被害軽減ブレーキですが、作動する条件を確認し、あくまでも補助的なシステムとして運転することが必要です。国土交通省がシステムの作動しない状態を再現し、注意を呼び掛けています。

記事を読む

ホンダ「ヴェゼル ハイブリッド」見積りしてみた

2018年2月にマイナーチェンジを受けた「ヴェゼル」の見積り交渉を行ってみました。マイナーチェンジを受けた「ヴェゼル」は、インラインタイプのヘッドランプとなり、これまでよりシャープな顔つきで精悍さが増しています。しかし見える部分での大きな変更は少なく、これまでの「ヴェゼル」のイメージを、壊さないようにしています。この変化が少ない外見に対して、パワーユニットを含む走りの基本性能は大幅にアップしており、これまでのまったりとした走りを払拭しています。マイナーチェンジで成熟度を上げた「ヴェゼル」の、販売条件はどのようにされているのでしょうか。「HYBRID RS Honda SENSING」を選び見積り交渉を行ってみました。

記事を読む

ダイハツ「タント カスタム」特別仕様車 X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”のお得度を考える

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント カスタム」に、特別仕様車「X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”」が追加されました。「タント カスタム」を含む「タント」シリーズは、スライドアがピラーレスで開くミラクルオープンドアが特長で、優れた乗降性を提供しています。エアロ仕様の「タント カスタム」は、ノーマル仕様と比べると、押出しの効くフロントが周囲を威圧する顔つきとなり、存在感を主張するデザインです。この「タントカスタム」に追加された、特別仕様車「X“トップエディションリミテッド SA Ⅲ”」を、ベース車両と比較してお得度を検証してみます。

記事を読む

ダイハツ「タント」特別仕様車 X“リミテッド SA Ⅲ”のお得度を考える

ダイハツの軽スーパーハイトワゴン「タント」に特別仕様車「 X“リミテッド SA Ⅲ”」が追加されています。「 X“リミテッド SA Ⅲ”」は「X“SA Ⅲ”」をベースに特別装備が施された車両で、パノラマモニター対応純正ナビ装着用アップグレードパック、LEDヘッドランプ(ロービーム・オートレベリング機能付)、右側パワースライドドア(ワンタッチオープン機能・予約ロック機能付)の3つを揃えています。この特別仕様車「 X“リミテッド SA Ⅲ”」と、ベース車両「X“SA Ⅲ”」にオプション装備を追加し、特別仕様車「 X“リミテッド SA Ⅲ”」のお得度を検証してみます。

記事を読む

スポンサーリンク
買うnetレクタングル(大)
買うnetレクタングル(大)