ホンダ「ステップワゴン」選ぶならこのグレードです

スポンサーリンク
探訪記682×171

「ステップワゴン」SPADAのグレードを比較

5代目となる「ステップワゴン」はスマートなスタイルで、わくわくゲートを備えて登場して来ました。

大人し過ぎるスタイリングが受け入れられず、販売台数では苦戦していますが、走りの性能は高く運転が楽しくなるミニバンです。

ではこの「ステップワゴン」の、お買い得モデルを探ってみようと思います。

「ステップワゴン」は、SPADAと呼ばれるカスタム系と、G系と呼ばれるノーマル系があります。

「ステップワゴン」SPADAのグレード構成は、“SPADA・Cool Spirit Honda SENSING”と“SPADA・Honda SENSING”の2タイプとなっています。

“SPADA・Cool Spirit Honda SENSING”のメーカー希望小売価格は、2.999.000円(FF)で、“SPADA・Honda SENSING”は2.840.000円(FF)となっています。

両グレードの価格差は159.000円ですが、装備はどのように違うのか確認してみます。

 SPADA・Cool Spirit Honda SENSING(FF)SPADA・Honda SENSING(FF)
運転席/助手席シートヒーター標準装備設定なし
エアコントリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナー フロント・フルオートエアコンディショナー+リア・マニュアルクーラー
ペダルスポーツペダルノーマル仕様
センターテーブル標準装備設定なし
カーテシーランプLEDノーマル仕様
フロントマップランプ&ルームランプパープリッシュホワイト調光機能付LEDルームランプ  (LEDマップランプ付/1~3列目)ノーマル仕様
ラゲッジルームランプLED(パープリッシュホワイト)ノーマル仕様
 シートブラック コンビシート(プライムスムース×ソフトウィーブ)&
専用インテリア
ブラックシート(ツイード調ジャージ×ソフトウィーブ) 
インパネミドルパッドウェーブメタル クールガンメタ
フロントグリル加飾ダーククロームメッキプラチナ調クロームメッキ
アウタードアハンドルダーククロームメッキスモークタイプ
リアライセンスガーニッシュダーククロームメッキ  クロームメッキ
LEDドアミラーウインカースモークタイプクリアタイプ
タイヤサイズ17インチ+アルミ16インチ+アルミ
メーカー希望小売価格2,999,000円2,840,000円

機能的な違いは“SPADA・Cool Spirit Honda SENSING”には、運転席、助手席ヒーターが備わり、エアコンの温度設定が運転席、助手席、後席と細かく設定できること、タイヤが17インチを装着されることが挙げられます。

フロントのセンターテーブルはあると便利ですが、機能的にはそこまで拘る必要はない装備です。

後の装備差は主に豪華さを演出する仕様の差となっています。

SPADAはカスタムモデルで走りに拘りたいので、やはり“SPADA・Cool Spirit Honda SENSING”を選ぶことをお勧めします。

“SPADA・Honda SENSING”でも十分な装備が備わり、不満はないのですがSPADAらしい走りのスピリットは、17インチホイールは履く“SPADA・Cool Spirit Honda SENSING”が価格差以上に高い満足感が得られます。

Gのグレードを比較

では次に「ステップワゴン」のノーマル系を確認してみます。

ノーマル系は“­G・EX Honda SENSING”、“G Honda SENSING”、“B”のグレードで構成されています。

“B”グレードはビジネスライクなグレードですので、“­G・EX Honda SENSING”と“G Honda SENSING”に絞って確認してみます。

“­G・EX Honda SENSING”のメーカー希望小売価格は2.830.000円(FF)で、“G Honda SENSING”2.610.000円(FF)となっています。

“­G・EX Honda SENSING”と“G Honda SENSING”の価格差は、220.000円となっていて装備の差は以下のようになっています。

 G・EX
Honda SENSING
G
Honda SENSING
ヘッドライト LED ハロゲン(LEDはオプション)
エアコントリプルゾーンコントロール・フルオートエアコンディショナーフロント・フルオートエアコンディショナー+リア・マニュアルクーラー
パワースライドドア両側左側(右側はオプション)
センターテーブル標準装備設定なし
フロントマップランプ&ルームランプ アンバー 調光機能付LEDルームランプ(LEDマップランプ付/1~3列目)ノーマル仕様
インパネミドルパッド木目調 ウォームガンメタ
フロントドアアームレストパッド標準装備設定なし
スライドドアライニングパッド標準装備設定なし
タイヤサイズ16インチ+アルミ16インチ+スチール・ホイールキャップ
メーカー希望小売価格2,830,000円2,610,000円

価格差は220.000円ありますが、LEDのヘッドライト、トリプルゾーンコントロールのエアコン、両側パワースライドドア、アルミホイールなどを考えれば、間違いなく“­G・EX Honda SENSING”を選ぶべきです。

結論として、走りのSPADAは“SPADA・Cool Spirit Honda SENSING”、ノーマルモデルは装備が充実している“­G・EX Honda SENSING”がお勧めのモデルです。

「ステップワゴン」SPADAの試乗記事はこちらです。

ホンダ「ステップワゴンSPADA」試乗してみた | tatumiの車試乗記
5代目となる「ステップワゴン」は2015年4月に、わくわくゲートを備えて登場して来ました。わくわくゲートは重くて使い勝手の悪いテールゲートを、使い勝手の良いドアに変える新しいアイデアで、大きな魅力の一つとなっています。エンジンはダウンサイジングターボエンジンを採用し、走りと燃費の両立を目指して新開発されました。