ホンダ「N-BOX・カスタム」特別仕様車はかなりお得です

「N-BOX」のグレードを比較

発売以来、快進撃を続けているホンダの「N-BOX」ですが、購入するにはどのグレードが良いのでしょうか比較してみました。

「N-BOX」は他に「N-BOX」カスタム、「N-BOX」+、「N-BOX」カスタム+のモデルが存在しますが、今回は「N-BOX」と「N-BOX」カスタムに絞って考えてみます。

初めに「N-BOX」のグレードと装備を比較してみます。

「N-BOX」はノンターボエンジンとターボエンジン搭載車にまず別れます。

ノンターボエンジン搭載車のグレード構成は、“C”、“G”、“G・Lパッケージ”、“G・Lパッケージ 2トーンカラースタイル”で構成されています。

この他に “G 特別仕様車 SSパッケージ ”、“G 特別仕様車 ターボSSパッケージ ”、“G 特別仕様車 SSパッケージ 2トーンカラースタイル”、“ G 特別仕様車 ターボSSパッケージ 2トーンカラースタイル”の特別仕様車がラインアップされて、グレード構成が少々複雑になっています。

それではグレードの装備と価格から比べてみます。

“C”、“G”のグレードはビジネスライクな仕様で、装備内容が一般のユーザーなら選び難い構成ですので除外して比べてみます。

N-BOX(2WD)G・LパッケージG・Lパッケージ2トーンカラースタイルG・特別仕様SSパッケージG・特別仕様SS2トーンカラースタイル
ヘッドライトハロゲン(オプションでHID)ハロゲン(オプションでHID)ディスチャージディスチャージ
パワースライドドア左側(右側オプション)左側(右側オプション)両側両側
オートリトラミラーオプションオプション標準装備標準装備
運転席/助手席シートヒーター設定なし設定なし標準装備標準装備
リアスライドリアシート/シートバックテーブルオプションオプション標準装備標準装備
フロントマップ/ラッゲージルームランプノーマル仕様ノーマル仕様LEDLED
親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス設定なし設定なし標準装備標準装備
タイヤ/ホイール14インチ/スチール・フルホイールキャップ14インチ/アルミ(ホワイト)14インチ/スチール フルホイールキャップ14インチ/アルミ(ホワイト)
メーカー希望小売価格1,370,0001,460,0001,429,4001,519,400

「N-BOX」の基本的な装備はG・Lパッケージで揃っていますが、右側パワースライドドアと、リアシートスライド/シートバックテーブルは、付けておきたい装備です。

パワースライドドアは小さな子供を乗せる場合や、坂道で駐車した場合での安心感があり、リアシートスライド/シートバックテーブルは、リアシートとラゲッジスペースの使い勝手を高めてくれます。

しかし“G・Lパッケージ”に、この二つのオプションを追加すると1.456.400円となり、その他の装備も付いている、“G・特別仕様SSパッケージ”の価格を超えてしまいます。

“G・Lパッケージ”を購入する場合は、オプション装備を追加しないで、そのままの状態で乗り始めるなら選ぶメリットがあります。

これは2トーンカラースタイルのグレードでも、同じことが言えます。

結論としてノンターボ「N-BOX」のお勧めするグレードは、オプション装備を追加無しで乗れるユーザーは“G・Lパッケージ”、オプション装備が必要なら“G・特別仕様SSパッケージ”がお勧めです。

「N-BOX」ターボのグレードを比較

次にターボモデルのグレードで装備と価格を比較してみます。

ターボモデルは“G・Lターボパッケージ”、“G・Lターボパッケージ 2トーンカラースタイル”、“G・特別仕様ターボSSパッケージ”、“G・特別仕様ターボSSパッケージ  2トーンカラースタイル”の4グレード構成となっています。

N-BOX(2WD)G・LターボパッケージG・Lターボパッケージ 2トーンカラースタイルG・特別仕様ターボSSパッケージG・特別仕様ターボSSパッケージ  2トーンカラースタイル
安心パッケージオプションオプション標準装備標準装備
ヘッドライトハロゲン(オプションでHID)ハロゲン(オプションでHID)ディスチャージディスチャージ
パワースライドドア左側(右側オプション)左側(右側オプション)両側両側
オートリトラミラーオプションオプション標準装備標準装備
運転席/助手席シートヒーター設定なし設定なし標準装備標準装備
リアスライドリアシート/シートバックテーブルオプションオプション標準装備標準装備
フロントマップ/ラッゲージルームランプノーマル仕様ノーマル仕様LEDLED
運転席クラブレールオプションオプション標準装備標準装備
親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス設定なし設定なし標準装備標準装備
タイヤ/ホイール14インチ/スチール・フルホイールキャップ14インチ/アルミ(ホワイト)14インチ/スチール フルホイールキャップ14インチ/アルミ(ホワイト)
メーカー希望小売価格1,470,0001,529,4001,620,0001,679,400

ターボモデルの装備差のつけかたは、ほぼノンターボモデルと同じ内容で、違うのは特別仕様車に安心パッケージが標準で装備されることです。

安心パッケージは、シティブレーキアクティブシステム+前席用i-サイドエアバッグシステム +サイドカーテンエアバッグシステムがセットなったオプションです。

グレードを選ぶには、この安心パッケージが必要か必要でないかが、ポイントとなってきます。

“G・Lターボパッケージ”に、安心パッケージを付けないとして、必要なオプション装備は、右側パワースライドドアとリアスライドリアシート/シートバックテーブルと思われますが、この二つを同時に選択すると、安心パッケージと他のオプションも追加となってしまいます。

方法としては右側パワースライドドアのみか、リアスライドリアシート/シートバックテーブルのみ、又はリアスライドリアシート/シートバックテーブルと、ディスチャージヘッドライトとオートリトラミラーまでが、セットとなるオプションを選択するかになります。

  1. “G・Lターボパッケージ”+右側パワースライドドアで1.524.000円
  2. “G・Lターボパッケージ”+リアスライドリアシート/シートバックテーブルで1.502.400円
  3. “G・Lターボパッケージ”+リアスライドリアシート/シートバックテーブル+ディスチャージヘッドライト+オートリトラミラーで1.567.200円

です。

この3パターンのオプション追加で、使用目的に合う車に仕上がるのなら、“G・特別仕様ターボSSパッケージ”より、価格は抑えることができますので、おすすめすることができます。

しかし、上記のパターンで使用目的に合う車にならない場合は、オプション装備を追加して行くよりも、“G・特別仕様ターボSSパッケージ”がお得な仕様になります。

「N-BOX」ターボモデルで安心パッケージが必要なら迷わず、“G・特別仕様ターボSSパッケージ”がお勧めです。

「N-BOX」カスタムのグレードを比較

では次に「N-BOX」カスタムのグレードと価格を比較してみます。

「N-BOX」カスタムもノンターボモデルとターボモデルに分けて比べてみます。

「N-BOX」カスタムのンターボモデルの、グレード構成は“G”、“ G・Lパッケージ”、“G・Lパッケージ2トーンカラースタイル”、“G・特別仕様SSパッケージ”、“G・特別仕様SSパッケージ”、“G・特別仕様SSパッケージブラックスタイル”の6モデルです。

「N-BOX」カスタムノンターボモデルの、グレードと装備の価格は以下のようになっていますが、Gグレードはベーシックモデルで、ビジネスライクな仕様なので除外しています。

N-BOXカスタム(2WD)G・LパッケージG・Lパッケージ2トーンカラースタイルG・特別仕様SSパッケージG・特別仕様SSパッケージG・特別仕様SSパッケージブラックスタイル
パワースライドドア左側(右側はオプション)左側(右側はオプション)両側両側両側
運転席/助手席シートヒーター設定なし設定なし標準装備標準装備標準装備
リアスライドリアシート/シートバックテーブルオプションオプション標準装備標準装備標準装備
インテリアイルミネーションブルーレッドブルーレッドブルー
アウタードアハンドルクロームメッキカラードクロームメッキカラードクロームメッキ
フォグライト標準仕様標準仕様LEDLEDLED
LEDポジションランプ設定なし設定なし標準装備標準装備標準装備
親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス設定なし設定なし標準装備標準装備標準装備
タイヤ/ホイール14インチ/アルミ14インチ/アルミ(オールブラック)14インチ/アルミ14インチ/アルミ(オールブラック)14インチ/アルミ(オールブラック)
メーカー希望小売価格1,560,0001,619,4001,645,0001,704,4001,645,000

「N-BOX」カスタムも「N-BOX」と同じ設定となっていますので、選ぶ方法は「N-BOX」と同じ考え方です。

装備を追加しなくても良いのであれば定番のグレードで、装備を追加するのであれば特別仕様モデルをお勧めします。

尚「N-BOX」カスタムには、ブラックスタイルモデルが準備されていますので、メッキパーツの光物フロントグリルはどうも、と感じるユーザーにおすすめのモデルです。

「N-BOX」カスタムターボのグレードを比較

では最後に「N-BOX」カスタムターボモデルを比較します。

「N-BOX」カスタムターボモデルのグレードは、“G・Lターボパッケージ”、“G・Lターボパッケージ ・2トーンカラースタイル”、“G・特別仕様ターボSSパッケージ”、“G・特別仕様ターボSSパッケージ・2トーンカラースタイル”、“G・特別仕様ターボSSパッケージ・ブラックスタイル”の5モデルとなっています。

N-BOXカスタム(2WD)G・LターボパッケージG・Lターボパッケージ ・2トーンカラースタイルG・特別仕様ターボSSパッケージG・特別仕様ターボSSパッケージ・2トーンカラースタイルG・特別仕様ターボSSパッケージ・ブラックスタイル
安心パッケージオプションオプション標準装備標準装備標準装備
運転席/助手席シートヒーター設定なし設定なし標準装備標準装備標準装備
リアスライドリアシート/シートバックテーブルオプションオプション標準装備標準装備標準装備
本革巻きステアリングホイールシルバーステッチレッドステッチシルバーステッチレッドステッチブルーステッチ
本革巻セレクトレバー設定なしレッドステッチ設定なしレッドステッチ設定なし
インテリアイルミネーションブルーレッドブルーレッドブルー
グラブレール(運転席)オプションオプション標準装備標準装備標準装備
アウタードアハンドルクロームメッキカラードクロームメッキカラードクロームメッキ
親水/ヒーテッドドアミラー+フロントドア撥水ガラス設定なし設定なし標準装備標準装備標準装備
タイヤ/ホイール15インチ/アルミ15インチ/アルミ(オールブラック)15インチ/アルミ15インチ/アルミ(オールブラック)15インチ/アルミ(オールブラック)
メーカー希望小売価格1,670,000円1,729,400円1,750,000円1,809,400円1,750,000円

「N-BOX」カスタムターボは、両側のパワースライドドアが標準で装備されるなど、他のシリーズよりも装備の充実が図られています。

「N-BOX」カスタムターボでも、グレード選択の決め手は安心パッケージを、装備するかしないかが分かれ目となりそうです。

「N-BOX」カスタムターボ“ G・Lターボパッケージ”に、安心パッケージを追加すると1.731.560円で、“G・特別仕様ターボSSパッケージ”との価格差は18.440円です。

流石にこの価格差では、他の装備も装着される“G・特別仕様ターボSSパッケージ”が、かなりのお買い得な仕様です。

「N-BOX」カスタムターボ“ G・Lターボパッケージ”に、リアスライドリアシート/シートバックテーブルを追加すると、価格は1.702.400円となり“G・特別仕様ターボSSパッケージ”1,750,000円との価格差は47.600円です。

安心パッケージが必要ないユーザーは、「N-BOX」カスタムターボ“ G・Lターボパッケージ”に、装備を追加しないか又は、リアスライドリアシート/シートバックテーブルだけを追加するのがおすすめです。

安心パッケージが必要なら“G・特別仕様ターボSSパッケージ”がおすすめのグレードです。

「N-BOX」カスタムの試乗記事はこちらです。

https://kuruma-koukakaitori.net/honda-nbox-custom/
スポンサーリンク
買うnetレクタングル(大)
買うnetレクタングル(大)

シェアする

フォローする

買うネット関連コンテンツ