トヨタ・ダイハツ車の踏み間違い加速抑制装置が後付け可能に

Photo トヨタ自動車 URL:https://toyota.jp/   ダイハツ工業 URL:https://www.daihatsu.co.jp/

トヨタ自動車とダイハツ工業は、駐車場などから発進時の事故防止や被害を軽減する、「踏み間違い加速抑制システム」を発売すると発表しました。

これまで、このようなドライバー支援の機能は、車を購入する場合に取付ける必要がありましたが、これにより購入後でも取り付けることが可能となりました。

この装置を取付られる車種は、現在のところ限られていますが、ペダル踏み間違いによる高齢者の事故が増えているなかで、車を乗り換えるよりも負担が少ないため、心配があるユーザーにはメリットが高いシステムです。

スポンサーリンク
探訪記682×171

「踏み間違い加速抑制システム」の機能

「踏み間違い加速抑制システム」は、車両の前後に取付けられた超音波センサーが、3m以内にある壁などの障害物を検知し、車内の表示機で警報音を発し注意喚起を促しますが、それでもブレーキと間違えてアクセルを強く踏み込んだ場合は、加速を抑制し衝突被害を軽減させます。

また、後退時には障害物を検知していなくても、5km/hでアクセルを踏んだ場合に、速度が出過ぎないよう加速を抑制します。

しかし「踏み間違い加速抑制システム」は、インテリジェントクリアランスソナー(ICS)に備わる、ブレーキ制御は行わないので理解しておくことが必要です。

踏み間違い加速抑制システム

機能1

機能2

システムが正常に作動しない場合

直角ではない壁

車幅に対して途中で途切れている障害物

フェンス、支柱などの細い障害物

取付け可能な車種

「プリウス」

2009年5月18日~2015年12月8日に販売されたモデルが対象で、G’s、ウェルキャブ全車は除かれます。

「アクア」

2011年12月26日~2018年4月2日に販売されたモデルが対象で、G’s、GR-SPORT、X-URBAN、Crossover、ウェルキャブ全車は除かれます。

今後、取り付け対象車種は拡大される予定です。

取り付け費用

「踏み間違い加速抑制システム」の本体価格は55,080円ですが、別途取付け費が必要となります。また、取り付ける車両によっては装備、装着品の違いで追加費用が発生します。

ダイハツのペダル踏み間違い加速抑制装置「つくつく防止」

ダイハツではペダル踏み間違い加速抑制装置を、「つくつく防止」として販売を開始しています。

「つくつく防止」も駐車場からなどの発進時に、エンジンの出力抑制と警報音で、ペダル踏み間違い時の被害軽減に貢献するシステムです。

なお、装置の価格は34,560円で標準取付け費を含んだ合計の価格は59,508円です。

「つくつく防止」の機能

用品説明 ペダル踏み間違え時加速抑制装置 PV用 ダイハツ公式

「つくつく防止」は車体の前後に合計4カ所のソナーを付けることで、目の前の障害物を検知します。障害物を検知した状態であると、アクセルを強く踏み込んでも燃料がカットされ、急発進を約8秒間抑制します。

作動条件

用品説明 ペダル踏み間違え時加速抑制装置 納車時確認用 ダイハツ公式

システムが作動する条件として、車速10km/h以下、3m先までの壁や建物、アクセルペダルを強く速く踏み込んだ場合です。

誤作動が起こりやすい条件

装置の誤作動が起こりやすい条件として注意するのは

商業施設などの急こう配での発進時

近い車間での急発進・急加速

遮断機が下り踏切内に閉じ込められたとき

このような場合はカットスイッチによりシステムを停止させると通常の走行が可能です。

作動しない場合

次の5つの条件下では「つくつく防止」は作動しない、もしくは作動しない可能性があります。

  1. ウィンカーを出しているとき(ドライバーの意思により向きを変えているとシステムが判断するため)
  2. 自車の中心が物体から外れているとき
  3. バンパーの非常に近くに障害物があるとき
  4. 障害物が車両と垂直ではないとき
  5. 周囲で大きな音が鳴っているとき(超音波を発するものがあるとき)

取り付け可能な車種

現在のところ「つくつく防止」が取り付けられるのは、「タント(L375)」のみで2007年12月~2013年10月まで販売されたモデルですが、順次対象車種を広げていく予定となっています。