ダイハツ「タント・カスタム」選ぶならこのグレードです

「タント」のグレードと価格を比較

軽スーパーハイトワゴンのパイオニアダイハツ「タント」は、トールデザインとすることで軽自動車の室内空間を拡大させ、そのコンセプトが人気を博しました。

その後に、各メーカーがスーパーハイトワゴンのジャンルに参入し、競争が激しくなっていますが、今なお高い人気を保ち続けています。

この高い人気を保つ「タント」のグレードを比較し、お買い得となるモデルを考えてみます。

「タント」は「タントカスタム」と二つのモデルで構成されていますので、始めは「タント」から比べてみます。

「タント」のグレード構成は、“Xターボ”、“G”、“X ”、“ L”となっていて、それぞれに衝突回避支援システムSA-Ⅱが装備されるグレードが追加されます。

「タント」のグレード別の装備と価格を比較してみます。

タント(2WD)XターボGXL
メッキフロントグリル標準装備標準装備設定なし設定なし
ドアミラーオート格納式オート格納式オート格納式電動格納式
フロントドアガラススパーUV/IRカットスパーUV/IRカットスパーUV/IRカットUVカット
フォグランプ標準装備設定なし設定なし設定なし
ドアミラーターンランプ設定なし標準装備設定なし設定なし
パワースライドドア左側(右側はオプション)両側左側(右側はオプション)設定なし
エンジンスタートプッシュボタンプッシュボタンプッシュボタンキー
エントリーシステムキーフリーキーフリーキーフリーキーレス
スライドドア・イージークローザー標準装備標準装備標準装備設定なし
エアコンオートオートオートマニュアル
オートライト標準装備標準装備標準装備設定なし
タイヤ/ホイール14インチ/アルミ14インチ/スチール フルホイールキャップ14インチ/スチール フルホイールキャップ14インチ/スチール フルホイールキャップ
メーカー希望小売価格 1,436,400円1,468,800円1,355,400円1,220,400円
SA-Ⅱ装備1,501,200円1,533,600円1,420,200円1,285,200円

(“X”には2トーンのホワイトアクセントSA-Ⅱがあり、内装とタイヤホイールのデザインが違い、メーカー希望小売価格は1.4850.000円となっています)

エンジンパワーに余裕を求めるなら、ターボエンジンが必要ですので、“X”ターボを選ぶ必要があります。

ターボエンジンは、ワングレードですので後は“SA-Ⅱ”を付けるか付けないかを選択し、オプション装備でドライビングサポートパック(チルトステアリング、運転席シートリフター)、右側パワースライドドアの追加は必要と思われます。

さらに予算に余裕があればLEDヘッドライトも付けておきたい装備です。

次にノンターボエンジンで選ぶ場合ですが、“L”はパワースライドドアが装備されないなど、一般ユーザーが使うには、適した装備がされていないので候補から外します。

残るは“G”か“X”になるのですが、予算を抑えようと思えば“X”の“SA-Ⅱ”が装備されない車両に、右側パワースライドドアとドライビングサポートパックの、オプション装備を追加して乗るのがお勧めです。

安全性を重視するなら“G”の“SA-Ⅱ”装備車を選択し、“X”では装備できない前後席カーテンシールドエアバッグと、ドライビングサポートパックの装備を追加するのがお勧めとなります。

「タントカスタム」のグレードを比較

「タントカスタム」のグレード構成は、ターボエンジン搭載の“RS”シリーズ、ノンターボエンジンの“X”シリーズに別れて、それぞれのシリーズに3グレードを展開しています。

グレード別に装備の違いと、価格の違いを比較してみます。

タントカスタム2WDRSトップエディションSA-ⅡRS SA-ⅡRSXトップエディションSA-ⅡX SA-ⅡX
フロントLEDイルミネーションランプ(オールデイ)標準装備設定なし設定なし標準装備設定なし設定なし
シート表皮専用ファブリック×ソフトレザー調ファブリックファブリック専用ファブリック×ソフトレザー調ファブリックファブリック
ステアリングホイール革巻革巻革巻ウレタンウレタンウレタン
ATシフトノブ本革本革本革ウレタンウレタンウレタン
ドライビングサポートパック標準装備オプションオプション標準装備オプションオプション
パワースライドドア両側両側両側左側(右側はオプション)左側(右側はオプション)左側(右側はオプション)
純正ナビ装着用アップグレードパック標準装備オプションオプション標準装備オプションオプション
タイヤ/ホイール15インチ/アルミ15インチ/アルミ15インチ/アルミ14インチ/アルミ14インチ/アルミ14インチ/アルミ
メーカー希望小売価格1,749,600円1,706,400円1,641,600円1,652,400円1,593,000円1,528,200円

「タントカスタム」で、衝突回避支援システムスマートアシ“ストⅡに拘らなければ、ターボモデルの“RS”がお勧めです。

“RS”はターボモデルのベーシックグレードですが、両側スライドアも標準で備わり、その他に機能面で必要と思われる、ドラインビングサポートパックの追加を行えば、十分な装備が備わり価格も1.654.560円で収まります。

SA-Ⅱが必要無いなら、“RS”です。

衝突回避支援システム装着車で、ターボモデルを選ぶとすれば、“RS SA-Ⅱ”です。

“RSトップエディションSA-Ⅱ”と“RS SA-Ⅱ”の価格差は、43.200円ですが“RS SA-Ⅱ”に装備されないオプションを追加して同装備としても、まだ“RSトップエディションSA-Ⅱ”の価格が上回っています。

当然に“RSトップエディションSA-Ⅱ”と、“RS SA-Ⅱ”のエクステリアとインテリアには差があるのですが、“RS SA-Ⅱ”でも満足感の得られる仕上げとなっていますので、“RS SA-Ⅱ”を選んでも不満はありません。

ターボエンジン+“SA-Ⅱ”では“RS SA-Ⅱ”です。

衝突回避支援システム装着車で、ノンターボモデルを選ぶとすると“X SA-Ⅱ”です。

“XトップエディションSA-Ⅱ”と“X SA-Ⅱ”では、59.400円“XトップエディションSA-Ⅱ”が高い価格設定となっていますが、右側パワースライドドアはオプションとなっていますので、それ程にお得感はありません。

“XトップエディションSA-Ⅱ”に、右側パワースライドドアを追加すると1.701.000円で、装備と仕様の違いがあるとはいえ、ターボモデルの“RS”の価格を超えてしまい、同じ“SA-Ⅱ”を装備する“RS SA-Ⅱ”にあと僅かな価格差と迫っています。

これが“X SA-Ⅱ”ですと、右側パワースライドドア、ドラインビングサポートパックの追加で1.654.560円となりますので、内外装の仕様の差はありますが価格はかなり抑えられます。

ノンターボ+“SA-Ⅱ”なら“X SA-Ⅱ”です。

「タント」カスタムの試乗記事はこちらです。

ダイハツ「タントカスタムXトップエディションSA-Ⅱ」試乗してみた | tatumiの車試乗記
軽スーパーハイトワゴンのパイオニア「タント」。2003年11月に初代の販売が開始されて、現行のモデルは3代目となります。「タント」がヒットすると他社も追随し、スーパーハイトワゴン分野も、激しい競争が繰り広げられています。今回は、「タント」ノンターボカスタムXトップエディションSA-Ⅱの、魅力を探ってみました。

シェアする

フォローする

買うネット関連コンテンツ