ホンダ「CR-V」の予防安全性能評価を考えてみる

ホンダ「CR-V」の予防安全性能評価試験が、独立行政法人自動車事故対策機構(NASVA)より公表されました。

「CR-V」はミリ波レーダーと単眼カメラによる、安全運転支援システムHonda SENSINGを搭載し、その性能は次のように説明されています。

スポンサーリンク
探訪記682×171

Honda SENSINGの性能

■衝突軽減ブレーキ(CMBS)

・衝突軽減ブレーキ(CMBS)は、⾃⾞が前⽅の⾞両のほぼ真後ろから追突するおそれがあるときや、対向⾞に正⾯から衝突するおそれがあるときおよび歩⾏者に衝突するおそれがあるときに、運転者のブレーキ操作を支援し、衝突を回避したり衝撃を軽減するシステムです。
・⾃⾞が約5km/h以上で⾛⾏中に、⾃⾞との速度差が約5km/h以上ある⾞両および歩⾏者に対して衝突のおそれがある時に、CMBSが作動します。
・対向⾞および歩⾏者に対しては、⾃⾞が約100km/h以下で⾛⾏中に衝突のおそれがある時に、CMBSが作動します。
・CMBSが作動し、停⾞した後または衝突のおそれがなくなったと判断した後に⾃動ブレーキは解除されます。

■路外逸脱抑制機能
路外逸脱抑制機能は路外逸脱抑制機能がONされている時にフロントガラス上部に設置されたカメラによって左右の⽩線または⻩⾊線を検知し,⽅向指⽰器(ウィンカー)を使⽤せずに⽩線(⻩⾊線)を逸脱、もしくは逸脱しそうになったことを判断したとき,作動します。
作動時はマルチインフォメーションディスプレイにより警報を⾏うと共に,ステアリングの振動もしくはブザー音により運転手の回避操作を促し、 回避操作が無い場合にはステアリングを制御して⾞線内への復帰を⽀援します。
・本システムは⾞速が約60km/hから100km/hで直線または緩やかなカーブの道路を
⾛⾏しているときに作動します。

■ペダル踏み間違い時加速抑制装置(誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能)
・誤発進抑制機能/後方誤発進抑制機能は、停⾞時や約10km/h以下で⾛⾏しているとき、⾃⾞のほぼ真正面/ほぼ真後ろの近距離に⾞両などの障害物があるにもかかわらず、アクセルペダルを踏み込んだ場合に、エンジン出⼒を抑制し、急な発進を防止するとともに、音と表示で接近を知らせます。

■オートハイビーム
・オートハイビームは夜間⾛⾏時に前⽅の状況によってヘッドライトのハイビームとロービームを⾃動的に切り換えるシステムです。
・作動できる条件は、⾃⾞が30km/h以上で⾛⾏し、ライトスイッチがʻAUTOʼ、レバーがロービームの位置で、システムが夜間だと判定した時、周囲の状況に応じて作動します。カメラの認識できる範囲や距離は周囲の状況(環境)によって変わります。
・システムの作動が⼀時的に解除される場合があります。⾃⾞が24km/h未満でしばらく⾛⾏した時。⾃⾞が10km/h未満になった時。フロントワイパーはHI(高速)で数秒間動作した時。明るい場所で⾛⾏した時。⼀時的に解除された時はオートハイビームの作動表⽰灯が消灯します。
・オートハイビームは前⽅の発光する物体の明るさに応じてヘッドライトの切り換えを⾏います。

「CR-V」の予防安全性能評価(119.0/126.0)

Photo:NASVA URL:http://www.nasva.go.jp/

「CR-V」の予防安全性能は満点126.0に対して119.0の評価となっており、項目別では車両に対しての被害軽減ブレーキ、車線逸脱抑制、後方視界情報試験において満点を獲得しています。

しかし、歩行者に対しての被害軽減ブレーキ、高機能前照灯、ペダル踏み間違い時加速抑制試験では、満点には届かない評価です。

車両に対しての被害軽減ブレーキ試験(32.0/32.0)

CR-V:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

CR-V:被害軽減ブレーキ試験 CCRm60km/h

歩行者に対しての被害軽減ブレーキ試験(63.0/65.0)

CR-V:被害軽減ブレーキ試験 CPN60km/h

CR-V:被害軽減ブレーキ試験 CPN40km/h

CR-V:被害軽減ブレーキ試験 CPNO30km/h

CR-V:被害軽減ブレーキ試験 CPF55km/h

CR-V:被害軽減ブレーキ試験 CPFO60km/h

CPN・CPNO試験での満点25.0に対して23.9の評価点です。減点されたのは以下の項目です。

CPNOシナリオ(歩行者ダミーが進行方向左側遮蔽物の陰から飛び出す)試験において、30km/hから衝突回避に不安定さが表れ、45km/hまでその傾向が続いています。

CPF・CPFO試験での満点40.0に対して39.1の評価点です。減点されたのは以下の項目です。

夜間のCPFシナリオ(対向車がいない道路を向かって右から模擬歩行者が横断する)試験では、スピードが60km/hに達すると衝突回避が不安定になっています。

車線逸脱抑制試験(16.0/16.0)

CR-V:車線はみ出し抑制試験

高機能前照灯試験(1.4/5.0)

ヘッドランプには自動防眩型機能がないため低い評価点となっています。

ペダル踏み間違い時加速抑制試験(0.6/2.0)

CR-V:ペダル踏み間違い時加速抑制試験(前進)

「CR-V」のペダル踏み間違い時加速抑制機能は、前進時のみの対応とされているため評価は低くまた、衝突回避にまで至らないことでも点数を下げています。

まとめ

「CR-V」のHonda SENSINGは、最新の「インサイト(121.4/126.0)」「N-VAN(120.6/126.0)」に比べるとやや機能が劣り、性能も低い結果となっています。

「CR-V」の試乗記事はこちらです。

ホンダ新型「CR-V」試乗してみた | tatumiの車試乗記
5代目となる新型「CR-V」が国内へ回帰し、ホンダのミドルクラスSUVが2年ぶりに復活し登場します。初代より広い室内が人気のSUVでしたが、モデルチェンジを重ねる度に大型化したため、国内での販売を取り止めていました。初となるハイブリッドシステムも、ラインナップに加えた「CR-V」試乗してみました。
スポンサーリンク
探訪記682×171
探訪記682×171

シェアする

フォローする

買うネット関連コンテンツ