トヨタ「C-HR」の予防安全性能評価を考えてみる

トヨタ「C-HR」の2017年度予防安全性能評価が、自動車事故対策機構より公表されました。

「C-HR」はこれまでトヨタの空白地帯となっていた、コンパクトSUVを埋める車種として登場し、スタイリッシュなボディが話題を集め、国内コンパクトSUV販売台数でトップに立っています。

「C-HR」に搭載される衝突被害軽減システム「Toyota Safety Sense P」は、ミリ波レーダーと単眼カメラにより、車両や歩行者を検知するシステムです。

ミリ波レーダーの特徴は検知距離が長く、高いスピード域でも対応することが可能で、単眼カメラは物の大きさや形状を識別することで、車、歩行者、白線、対向車のランプを認識することができます。

「C-HR」に搭載する「Toyota Safety Sense P」の性能と作動条件は、次のように説明されています。

スポンサーリンク
探訪記682×171

プリクラッシュセーフティシステム

Toyota Safety Sense P は進路上の車両や歩行者に対し、自車速度約10~180km/h(対歩行者では約10~80km/h)の場合に衝突回避を支援、あるいは衝突被害の軽減に寄与します。

レーンディパーチャーアラート(ステアリング制御機能付)

道路上の白線(黄線)をカメラで認識し、ドライバーがウインカー操作を行わずに車線を逸脱する可能性がある場合、ブザーとディスプレイ表示によりドライバーの注意を喚起します。
同時に電動パワーステアリングを制御することで、車線逸脱を回避しやすいようにドライバーのステアリング操作をサポートします。
本システムは幅約3.0m以上の車線を約50km/h以上で走行時に作動します。

「C-HR」の予防安全性能評価は「74.4/79.0」の「ASV++」

C-HR360

出典:自動車事故対策機構 URL:http://www.nasva.go.jp/mamoru/active_safety_search/

「C-HR」に搭載される「Toyota Safety Sense P」は、79.0満点中の74.4点を獲得し、各項目における評価と得点は次のようになっています。

車両に対しての被害軽減ブレーキ

「CCRs」試験用ターゲットを静止させた状態でのテスト。

C-HR:被害軽減ブレーキ試験 CCRs50km/h

CCRm」試験用ターゲットを一定速で牽引した状態でのテスト。

C-HR:被害軽減ブレーキ試験 CCRm60km/h

AEBS(Autonomous Emergency Braking System)」とは、自動車が横断歩行者との衝突を回避又は衝突速度を下げるために自動でブレーキを操作する装置です。

「FCWS(Forward Collision Warning System)」とは、横断歩行者との衝突の危険性に応じて運転者に制動操作を促す目的で提供される、聴覚及び触覚・視覚情報を用いた警報です。

車両に対して行われた衝突回避被害軽減ブレーキ試験「CCRs」「CCRm」は「32.0点/32.0点」満点の評価です。

歩行者に対しての被害軽減ブレーキ

遮蔽物がない状態CPNでの試験ターゲットへのテスト。

C-HR:被害軽減ブレーキ試験 CPN40km/h
C-HR:被害軽減ブレーキ試験 CPN55km/h

遮蔽物のあるCPNOでの試験ターゲットへのテスト。

C-HR:被害軽減ブレーキ試験 CPNO30km/h

試験ターゲットに対しての衝突回避被害軽減ブレーキ試験「CPN」「CPNO」成績は、満点25点に対して20.4点の得点です。

20.4点と評価された内容は次のようになります。

遮蔽物がないCPN状態での衝突回避は、10km/hの低速域にシステムの不安定さがあり、60km/hの高速域では衝突回避が行われていません。

遮蔽物がありその陰から歩行者が飛び出すCPNO試験では、全ての速度域でダミーターゲットとの衝突回避に不安定さがあり得点が伸びていません。

車線逸脱抑制

C-HR:車線はみ出し抑制試験

車線逸脱抑制評価は「16.0/16.0」点で満点の評価となっています。

後方視界情報

「C-HR」のカーナビゲーションモニターによる後方視界情報は、「6.0/6.0」点の満点評価となっています。

「C-HR Toyota Safety Sense P」評価

「C-HR」の「Toyota Safety Sense P」は、もの陰から飛び出す歩行者との衝突回避に不安定な面があり、小さな物体を認識し判別する能力が低いと推測されます。

トヨタ「C-HR」の試乗記事はこちらです。

トヨタ「C-HR」試乗してみた | tatumiの車試乗記
トヨタTNGAを採用する第2弾コンパクトSUV「C-HR」が登場しました。「C-HR」の開発コンセプトは、格好と走りが全てと言う尖がった車です。スタイルはスケッチから飛び出して来たような斬新さで、走りは欧州の国道やサーキットまでも徹底的に走り込んでいます。この個性的で野心的な「C-HR」に試乗してみました。
スポンサーリンク
探訪記682×171
探訪記682×171

シェアする

フォローする

買うネット関連コンテンツ