ホンダ「N-VAN」見積り交渉してみた

ホンダの新しい軽商用車バン「N-VAN」の、見積り交渉を行ってみました。「N-VAN」はこれまでの軽バンとは違い、人にも優しい商用車として開発され、低いフロアやピラーレスの開口部としたスライドドアなど、多くのアイデアを積み込んでいます。パーソナルユースにも対応した軽バン「N-VAN」の値引額を調べてみました。

記事を読む

ダイハツ「トコット」おすすめのグレードを考えてみた

ダイハツより新しく女性に向けた車として登場した「トコット」の、おすすめグレードを考えてみます。「トコット」は「カワイイ」からの決別を図り、ムダな装飾を省いたシンプルなデザインが特徴の車で、これまでの考えを覆すスタイリングです。新しく登場した「トコット」の、おとくに乗れるグレードを考えてみました。

記事を読む

トヨタ「カローラスポーツ」おすすめのグレードを考えてみた

2018年6月国内に向けて発表された「カローラ」は、「カローラ ハッチバック」ではなく、「カローラ スポーツ」の名で登場して来ました。グレードは G GX GZ の3タイプが用意され、パワーユニットはハイブリッドと、ガソリンターボモデルが選択可能です。新登場した「カローラ スポーツ」のおすすめグレードを考えます

記事を読む

ダイハツ「ミライース」2017年度予防安全性能評価を考えてみる

ダイハツ「ミライース」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「ミライース」に搭載される予防安全システムは、スマートアシストⅢでソナーセンサーと、ステレオカメラを組み合わせたシステムです。3代目に発展したスマートアシストⅢの性能は、どのような評価を獲得したのでしょうか

記事を読む

スズキ「スイフト」2017年度予防安全性能を考えてみる

スズキ「スイフト」の2017年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されました。「スイフト」に搭載されるのは、デュアルセンサーブレーキサポートと呼ばれるシステムで、単眼カメラとレーザーレーダーにより、障害物を認知し衝突を回避し被害を軽減させるものです。

記事を読む

スバル「インップレッサ」の予防安全性能を考えてみる

スバル「インップレッサ」の2016年度予防安全性能評価が、独立行政法人自動車事故対策機構より発表されています。「インップレッサ」のアイサイトはVer.3へと進化し、性能と機能を向上させていますが、性能評価試験ではどのような結果を残したのか興味が湧きます。ぶつからない車?はその真価を証明できたのでしょうか。

記事を読む

スズキ新型「ジムニー」2018年7月に登場

スズキの「ジムニー」「ジムニーシエラ」が、4代目となり2018年7月にデビューします。先代から20年振りのフルモデルチェンジです。「ジムニー」は軽自動車(シエラは小型車規格)でありながら、高い走破性をもち、日本の狭い林道にはそのコンパクトな車体がマッチし、林業などを営むプロの間でも引き合いが強いことでも有名です

記事を読む

ダイハツ新型「トコット」登場

ダイハツより新型の軽自動車「トコット」が6月25日より発売されました。「トコット」はミラシリーズ「ココア」の後継車種としての役割を担う車ですが、「ココア」とはコンセプトを大きく変え女性にアプローチしようとしています。これまでの飾り物で可愛さを出すのではなく、シンプルな素材の良さで勝負する車として登場しています。

記事を読む

スバル「インプレッサ」値引き交渉してみた

スバル「インプレッサ」の値引き交渉してみました。5代目の「インプレッサ」は2016年10月に登場し、2年目となることから値引額も期待できる時期と考え、セールス氏と交渉に臨んでみます。また、スバル60周年特別仕様車も登場させ、「インプレッサ」の販促には力が入っていることを考えると、良い購入条件がもらえそうです。

記事を読む

スバル「インプレッサ」にスバル60周年特別仕様車登場

5代目となり2016年10月に登場したスバルの「インプレッサ」に、スバル60周年特別仕様車1.6i-L Eye Sight S-styleが追加されました。この特別仕様車は、1.6i-L EyeSight をベース車両とし特別装備を施しています。この特別仕様車のお得度を検証してみます。

記事を読む

スポンサーリンク
買うnetレクタングル(大)
買うnetレクタングル(大)